×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ペットのお墓

今まで一緒に暮らしていたかわいいペット。ペットにも人間と比べるとペットの寿命は、なんでこんなに短いんだろう?ペットが亡くなるとやはり、ペットにお墓を作りたいと思ったんです。いろいろペットの墓について調べてみました。まずペットが、亡くなるとペットのためにお墓を確保していればいいんですけれど・・・・ペットが亡くなと、ペットは、自宅以外の場所には、埋葬できないそうです。ペットの墓を持っていればいいんですが、自宅でなら埋めることができますが、今まで家族の一員として一緒に暮らしていたペットを自宅の庭に埋めるのもかわいそうです。それで、ペットのお墓をちゃんと作ってあげれば回忌の時やペットの墓参りをしてあげられるので、ペットにも供養になります。ペットにお墓を作ってあげることで、ペットの亡くなったことを受け入れす。ペットのお墓でペットを思い出すのも供養ですね。

ペットの火葬

ペットが亡くなってからの、ペットの火葬について調べてみました。ペットの火葬にもいろいろなケースがあります。まずペットの合同葬です。これは、ペットの火葬ですが、他のペットと一緒にペットが、火葬されます。このペットの合同葬は、他のペットと一緒に火葬されるわけですから、火葬に立ち会うことはもちろんお骨を拾うこともできません。またペットのお立会い葬ならば、火葬に立ち会うことが出来て、ペットを火葬したお骨を拾い持ち帰ることができます。このお立会い葬は、個別葬より割高になります。自宅葬は、葬儀を自宅でおこないます。またこの自宅葬ですが、やっていないところもあるので確認したほうがいいです。このようにペットの火葬には、いろいろな方法があります。家族の一員として暮らしてきたペットです。供養の為にペットにも火葬を考えてみてはどうでしょうか。

ペット霊園

ペットが亡くなって、葬儀をしてご遺骨を保管するのが、ペット霊園です。このペット霊園では、家庭の事情やそれぞれの都合に対応していてペットの火葬を一任することができて、亡くなったペットの種類や大きさにも関係なくペット霊園では、火葬場への送迎、移動をおこなってくれる。またペット霊園では、ペットのお墓や葬儀に使うペット葬儀関連をレンタルすることもできるようです。ペット霊園ならペットの火葬での立ち会い葬や個人葬、ペットの拾骨への立会までこのペット霊園では、いろいろなペットのために火葬や葬儀を選ぶことができます。このようにペット霊園でのサービスは、多種多様なのでペットの葬儀や霊園などの情報を知っていたほうがいいでしょう。やはりペットを一番に考えること、喜んでもらえる方法を考えて生きたいものです。そのためにはペットのお墓や霊園はペットのために考えてみてはどうですか。

Copyright © 2008 ペットのお墓